Team of architects working on construction plans together

今日は男女について考えさせられる一日となった。

今のご時世では結婚しない男性女性も昔に比べて増えてきた。結婚するメリット、デメリットを挙げてみると必ずもメリットばかりとは限らない。むしろデメリットの方が多いことさえある。

結婚のメリットは子どもを作れたり、家族を持てたり、深いつながりを持てる等がある。逆にデメリットは自分の自由な時間やお金がなくなる、気を遣わなければならないことが多くなる、悩みが増える等である。現代においては、異性以外にSNSや娯楽、テレビゲーム等で自分の欲求を満たせるものが多くあり、結婚のメリットが薄れつつある。

男性一人、女性一人で生きていくことはそれ程難しくない時代ではあるが、男性一人だけ、女性一人だけというのは成長の機会を失っているとも考えられる。

この世の中の人間は基本的に男性と女性、2通りしかない。結婚するしないというのは価値観ではあるが、残念なことに男性だけ、或いは女性だけではどんなに努力してもMAX50%の力しか出せないようにできている。男性だけでは半人前、女性だけでも半人前なのであり、男性と女性が出会って結婚することで更なる発展が見込め、ようやく1人前になるのである。それは、男女の2人で行うことで1人では決してできなかったことを経験することができるからである。結婚すれば楽しいことばかりでなく、辛いことや苦しいことも待っているだろう。しかし、それらを夫婦の力で乗り切ったときに、更なる成長が待っている。2人でやることによって、MAX100%の力がだせるように神様が敢えて男性と女性という不完全な人間を作られたのではないだろうか。

そう考えると、結婚しないことは自分の成長機会を自らが奪っているのではないだろうか。どんなにビジネス的に成功を収めても、この男女関係や結婚という部分が満たされなければ真の幸せを掴むことができないのではないだろうか。私はビジネスも恋愛も似て非なるモノと思っており、ビジネスが上手くいけば恋愛も上手くいき、恋愛も上手くいけばビジネスも上手くいくと思っている。トレードオフの状況下において片方を諦めるのではなく、如何にして両方を手に入れる方法を見つけ出せるかだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事