Success of life coaching. Smiling woman talking to professional psychological consultant, talking about her achievements

あなたが仕事をする上で重きを置いていることは何ですか?

仕事をする上で重要なこと

私は仕事において重きを置いていることは、「何をするかではなく、誰とするか?」ということです。これはある経営コンサルタントが書かれた書籍でピンときたひと言です。

あなたの仕事人生を振り返ってみてください。あなたのやりたい仕事や好きな仕事をしてきたという方はどのくらいいるでしょうか。おそらく、1割もいないかと思います。それは、なぜかというと楽しい仕事というのはないからです。

顧客のメール対応や電話対応といった仕事があったとします。「なんでこんなことを自分がしないといけないんだ」とその仕事をいやいやするのであれば、時間ばかりがかかってしまうどころか、その態度が周りに伝わってしまいます。

一方その仕事に対して前向きに取り組んでいる人がいれば、「この人にまかせて良かった。次は別の仕事もお願いしようかな」という感じで様々な仕事を任せてもらえるかもしれません。

同じ仕事をしていても楽しいという人もいれば、楽しくないという人もいます。重要なことは仕事の内容ではなく、それを行っている人の考え方や心の在り方によって、楽しいと感じることもできれば、つまらないと感じることもできます。

私の人生を変えたひと言

あなたは人生を変えたひと言に出会ったことがあるでしょうか?

人生を変えるというと大袈裟だと思われるかもしれませんが、良い言葉というのは良い人生を作ります。私は人生を変える一言に出会ったのは社会人のときで、上司との人間関係で悩んでいた頃に出会いました。

「嫌いな人と成功するより、好きな人と失敗したい」

という一言でした。失敗する人生と成功する人生であれば、十中八九成功する人生を選ぶと思います。しかし、その成功があなたの嫌いな人と一緒に成功するのであればどうでしょうか。私は嫌いな人と成功する人生を選択することに対して躊躇する方でした。

プロとしてのスタートライン

プロとしてのスタートラインは「あなたとやって失敗したなら仕方がない」と思われることです。

プロ野球のクライマックスシリーズがセパ両リーグとも幕を閉じましたが、プロ野球のピッチャーで最も信頼がおけるポジションはというと「抑え」です。

抑えのピッチャーが打たれたのであれば、チームの全員が仕方ないと諦めがつきます。それだけ、仲間や監督・コーチから信頼されている証拠とも言えます。

これはビジネスにおいても同じで「あなたとやって失敗したなら仕方ない」と言われるくらいの信頼関係を築くことができれば、怖いものはありません。

いきなりの新人が「抑え」を任されることがないよう、2軍で一定の成績をおさめ、1軍に昇格し、先発・中継ぎとった与えられた役割で成果を出して「こいつなら最後の1イニング任せられる」という信頼を勝ち取らなければ成し得ません。

それだけ信頼を勝ち取るには「時間」と「実績」が必要なのです。

 

あなたの人生におけるヒント並びに読書会情報をメルマガでも配信しています。

GATE Coaching レター 読者登録フォーム


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事