良い文章とは最後まで読んでもらう文章である。

コピーライティングの鉄則ですが、読まれない文章程書いてて無駄な時間はない。5G到来と叫ばれているなか、動画が今後のマーケティングの主流になる日が近いと言われてますが、動画も同じで最後まで見て貰うためには工夫が必要である。再生されたと同時につまらないと思われてしまったら直ぐに閉じてしまうことに繋がるので、文章と動画は似ている。

読まれる文章はどのようなものかを考えてみると、文章を読んだ時にこれは少しおかしいのではないかという違和感がある文章だと思う。読んでみてそりゃそうだなと納得してしまったら、人はそれ以上先を読みたいと思わないものだ。「この話は知っている」と脳が思ってしまったら、人は行動を起こさない。

逆に「それ違うんじゃないの」と思うと、脳は知りたいという欲求が生まれてくるので続きを見る。キャッチコピーで誇張した表現を使ったタイトルが散見されるのはその為である。このコピーライティングが分かると、世の中の広告と言われるものがしっかりとした意図をもって作っていることが分かる。一度学んでみる価値はありそうだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事