今はお盆の時期ですね。お墓参りはどのくらいの頻度で行うでしょうか。

私は実家が兵庫県で現在東京に住んでいるので、なかなかお墓参りに行けないのですが、帰省したタイミングでは必ずお墓参りに行くようにしています。

当然のことながら、今の自分というのはご先祖様がいなければ、生まれては来ていません。そう考えると、ご先祖様は尊い存在です。この機会に自分の祖先を振り返ってみると思いがけない発見があるかもしれません。

私自身の祖父や祖母を亡くしていますが、子どもの頃に戦争の話や昔話を良く聞かせてくれました。祖父、祖母ともに8人兄弟であり、昔は子だくさんな家庭が多かったです。今から考えると、子ども8人も育てるなんて到底考えられることではない状況です。8人も入れば、その子どもや孫はもっとたくさんいます。そのメンツが会うのは法事くらいなものですが、その中を探せば自分が思っている以上に人生が上手くいっている人がいるものです。

『先祖返り』と言う言葉があるように、直接の両親ではなく自分の遠い祖先の形質が子孫に突然に現れることがあります。もし、自分の才能が分からないとか自分は何が得意かわからないという方は、自分の家系を辿ってみることにより、それらが明確になることもあります。つまり、過去の先祖が才能や得意分野を使って、物事を成し遂げていることもあります。もしかしたら、その才能や得意なことは子孫である自分も引き継いでいる可能性があります。そう考えると、先祖の家系図を作って、その人が何の仕事をして、何を成し遂げたのかがわかるだけでもワクワクしてきます。

自分では分かっていないだけで、あなたの中の遺伝子DNAは知っているのです。

メルマガ配信月2回配信していきます。
【メルマガ登録フォームはこちら】https://form.os7.biz/f/b4939845/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事