Businesswoman standing with her back to viewer examining sketches on green blue chalkboard. Concept of research and development

あなたは仕事において結果を出すように求められている立場でしょうか。

結果を出すためにまずすべきこと

結果を出すためにまずすべきことがあります。それは、行動や実行、実践することです。当然と思われるかもしれませんが、結果は行動したことによって発生する産物です。行動すれば何かしらの結果が得られます。

結果が自分の期待するものと違った場合

もしかしたら、その結果は自分の思ったものと違うこともあるかもしれません。増してや悪い結果が発生するかもしれません。でも、心配は要りません。例え、悪い結果であったとしても、そこから修正して、次行動した時に良い結果を出せるようにすれば良いのです。良い結果がでるまでやり方を変えて試してみれば、時間はかかるかもしれないですが必ず良い結果が得られます。

結果が自分の期待するものであった場合

仮に良い結果が得られたのであれば、次にすることがあります。それは、もう一回同じことを繰り返し、同じ結果が得られるか確認することです。再現性があるかどうかを見極めます。もし、再現性がないのであれば、それはたまたま上手く行っただけに過ぎないかもしれません。なので、同じ結果が出るまで、やり方を変えて試します。

一番悪いのは、頭で考えるだけ考えて何も行動に起こさないことです。これは結果が得られないだけでなく、考える時間そもそもがムダになってしまいます。私自身「考えるのはタダだ」と言われたことがありますが、それはお金に関する話だけであって、時間はムダにしています。時間はお金と等価またはそれ以上の価値がありますので、時間のムダが一番のロスになります。時間をロスした分、どこかにつけが回って、残業をせざるを得なくなるなど、巡り巡ってお金もロスをしています。

結果は99%思っていたものと違う

私自身も起業して自分でビジネスを始めたのですが、今までセミナーで聴いたり本を読んだりして勉強したつもりになっていたのですが、行動して初めて見える世界があることに気付かされました。逆に、考えれば考えるほど、失敗したどうしようという恐怖を感じ、何も行動できなくなっている自分がいました。

具体的には「集客」です。私は現在「読書会」を開催していますが、初回の開催は1名でした。2回は0名で私の知り合いの方に参加頂いて辛うじて開催しました。イベントページを告知すれば、数名の方は集まってくれるだろうと考えていたら、そんな甘い結果ではなかったです。そこから、自分で考えるなり、集客が上手く行っている人にやり方を聴いてみたりしながら、徐々にですが集客できるようになってきました。

結果を出すための近道としては、既に自分と同じ道を進んでいる先輩を見つけて、上手く行った事例をあれこれ考えるのではなく、そのまま自分でも実行してみることです。結果は先輩と全く同じではないかもしれませんが、そこから自分なりの考えを入れて、自分だけの成功のパターンを作って行けば良いのです。

 

メルマガ配信月2回配信していきます。8/23配信に向けて準備中です。

【メルマガ登録フォームはこちら】https://form.os7.biz/f/b4939845/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事