Mentoring crossword concept handwritten with marker on white paper.

良いアイデアを出すためにはコツがある。それはいくつかあると思うが、その中の一つ時間的な制限を加えることだ。

良いアイデアを出そうとしても、いつでも出るだろうと脳天気な考え方ではでてこない。いつまでにアイデアを出さなければいけないかと期限を設定して、どれだけ本気にアイデアを出せる状況に追い込めたかが勝負である。

タイムプレシャーを掛けることも重要である。つまり、3分なら3分と決められた時間内でアイデアをひねり出すことによって、良いアイデアが生まれることがある。

この2つの点から共通して言えることは、人間の脳はプレッシャーを掛けられたり、追い込まれたりしない限り、考えないということだ。

「人間は考える葦である」

フランス17世紀思想家・数学者 ブレーズ・パスカル

圧力(Pressure)の単位もPa(パスカル)はブレーズ・パスカルに由来するが、偶然とは思えないが、パスカルもプレッシャーを掛けることが、良いアイデアを出すことのことを知っていたのではないかと思う。

脳は楽をしたがるので、逆に楽をさせないような工夫をして、考える癖を付けておくことで思いもがけないヒントを得られる。アイデアは思いついた瞬間に記録しておかないと、後から思い出そうと思っても思い出せないので、常にメモ帳やノート、ペンを持ち歩く必要がある。最近ではスマホで自分の言葉で録音している人もいる。モノは使い方次第で価値が出るなとつくづく思う。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事