あなたの未来は誰が決めていますか?

1.自分自身の今の決断が未来を作る

あなたの未来は今の自分の決断によって変わってきます。

つまり今のあなたは、過去の自分の決断によって変わっています。

過去の自分が現在の会社を選んだから、その会社にいます。

 

もし今のあなたが現状に満足しておらず、

これから先の未来も同様な人生を送りたくないと思うのであれば、

いつか決断をしなければ、現状のままの人生をこれから先も送り続けるしかありません。

 

いつも何かを始めるのに適しているタイミングは『今』なのです。

 

但し、自然の原理ですが、人が死ぬ確率というのは、

悲しいかな、100%です。

だからこそ、未来を変えたいのであれば、

若ければ若いに越したことはありません。

 

一番やってはいけないのは、

死ぬときに『あーしとけばよかった』『こーしておけばよかった』と

後悔しながら死んでいくことです。

どうせなら『とても人生だった』と思いながら死にたくないですか。

そのためにしなけばいけないことは決断です。

 

私たち人間は1日に約9,000回の決断をしています。

今日何を食べるかといったことも決断ですし、

今のままこの生活を続けようというのも決断です。

何も会社を辞めることが決断ではありません。

普段から何気なく無意識的に行っている行動にも

多数の決断が含まれているのです。

2.良い決断を続けるためには?

良い決断をするためには、どうすれば良いでしょう?

選択の基準を作ることをオススメします。

例えば、迷っている状態というのは、

50:50でどちらを選択しても正解であるから

迷っているのです。

 

そうであれば、自分がいつも選択しない方を選ぶ方が、

自分の幅が広がってきます。

https://noticetalent.wp-x.jp/wp-admin/post.php?post=301&action=edit

だからこそ、私は選択の基準としては、迷ったのであれば、

自分では選ばないだろうと思われる方を選択することを基準としています。

 

人間が1日に約9,000回の決断をしていますのに、

振り返ってみてそんなに決断しているかなと疑問に思ったのであれば、

それは無意識に日々決断を繰り返している証拠です。

良い決断をするためには、自分なりの基準を持って、

意識的に決断することです。

 

9,000回のうち、全てを意識的に決断することは難しいですので、

そのうちの毎日1回意識的に決断してみてはいかがでしょう。

そうすれば、1年間で365個の決断が変わります。

しかし、すべての決断が変わるには9,000÷365=約25年掛かります。

 

25年も待てないよという方は、

意識的に決断する数を増やしていきます。

1日10回変えることができれば、

1年で3650回ですので2.5年で9,000回に達します。

 

良い決断を続けるためには、それは決断基準に基づき意識的に

決断をすることを習慣化することです。

「継続は力なり」といわれますが、

習慣化することは強力なパワーになってきます。

 

習慣化と同時に振り返りを行うことです。

振り返りのフレームワークにKPTがあります。

これは、Keep, Problem, Tryの頭文字を取ったもので、

良いことはやり続ける(Keep)

悪いことはやめる(Problem)

新しいことに挑戦します(Try)

この3つの物差しで物事を振り返る習慣ができれば、

あらゆるモノが好転していきます。

3.決断が変われば人生が変わる

ヒンズー教の教えに下記の言葉があります。

 

『心が変われば、態度が変わる。

態度が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。

運命が変われば、人生が変わる。』

 

最初と最後だけを切り取れば、

心が変われば、人生が変わるとなります。

ここでいう心はマインドセット、思考、決断とも言い換えることができ、

人生を変えるためにはまず決断を変えていく必要があるのです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事