あなたはチャレンジしているだろうか?

チャレンジするとは敢えてリスク取ることである。かと言って無謀な挑戦を推奨しているわけではない。想定されうるリスクを低減した上で、ミニマムリスクを取ることである。言い換えると、チャレンジとはリスクを低減して実行することである。

リスクを取らないことはチャレンジしているとは言えない。なぜなら、過去に実績のあることや自分ができることだけにフォーカスして何の成長に繋がらないからだ。リスクを承知でチャレンジするから、前進するのである。

何でもかんでもリスクを背負えば良いモノでもない。リスクにはコストが掛かる。失敗したときのコストもそうであるが、リスクを低減する時にもコストが掛かる。リスクを回避すればコストも掛からないが、その未来に希望が見えないままとなる。

この世界において、自社だけであれば企業が成長していかなくて現状維持でも生き残っていけるかもしれない。しかしながら、競合他社や今では他業界までも競合になり得る時代において、現状維持では取り残されてしまう。常に新しいモノ、画期的なモノを人は求めるのである。

チャレンジにはリスクが付きもの。リスクを取るからこそ得られるモノがある。何かを手に入れるためには、何かを犠牲にする覚悟が必要である。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事