Businesswoman standing with her back to viewer examining sketches on green blue chalkboard. Concept of research and development

長続きさせるためのコツはいかに面白くさせるかである。

子どもの頃を思い出してみると、テレビゲームを1日中やっていても飽きないのではないだろうか。飽きないのは、面白いからである。何かミッションを達成させたり、クリアしたら褒美が貰えることには人は熱中する。それは子どもも大人も変わらない。

一方、大人であれば仕事でつまらないけどやらなければならない仕事というのがあるのでないか。そういう仕事を嫌々やったところで、ミスが多くなってやり直しになったりする。ではどうすれば良いのか。ゲーム感覚を持たせて面白くさせることに尽きる。例えば、完了させる時間、スピードを人と競ったり、これを終わらせたらお昼を食べに行こうと決めたりといった具合である。

人が普通に聴いていると眠たくなるような難しい話を淡々と話されると人は眠たくなる。そういう話こそ、面白可笑しく話すことで、人は興味を抱くのである。学生時代の授業がその典型例ではないだろうか。話が面白い先生の授業は、好きになり、中には将来もしかしたらそれを職業にしてしまう人もいたりする。

お笑い芸人になぜ人気が出るかというと、人を笑わせて面白くさせたり、楽しい気分にさせるからである。つまらないものをどうやったら面白くできるかという創意工夫がお金を生むのである。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事