やりたいことがいっぱいありすぎて
時間がないないと言ってばかりいませんか?

1.時間はいつも1日24時間

時間は人みんな平等に与えられたものであり、
泣いていても笑っていても1日は24時間です。

時間がないないと言っている人の心の中では、
「1日24時間しかない」と思っています。
一方、時間がないと言っていない人の心の中では、
「1日24時間もある」と思っています。
見方がまるで正反対です。

2.違う見方をしてみる

コップの中に残った半分の水を見ても
「あと半分しか残っていない」と感じている人と
「あと半分も残っている」と感じる人とでは、
そのあと取る行動は180°変わってきます。
前者ではあと半分しかないからと言って、
水を飲まずにセーブしておこうとするでしょう。
身体に負担をかけてしまったがために、
熱中症で病院に搬送されることもあり得ます。
一方後者では喉が渇いたときにいつでも水を飲むので、
我慢するといったストレスからも解放され、
自分の思い描いた道を描くこともできます。

ポジティブに捉えるか、
ネガティブに捉えるかによって、
得られる感情は180°変わります。

3.時間がないという人は無駄なことをやっている

時間に対しても、「1日24時間しかない」という人に限って、
意外と無駄なことをやってしまっていたりします。
一方、「1日24時間もある」と感じている人は、
非常に優雅な時を過ごせています。
時間に対する考え方を変えるだけで、
時間が増えた気分にもなれるのです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事