自分なりの成功法則を見つける。一般的な成功法則を知れば、誰もが成功できるとは限らない。それは、ある人には上手くいったとしても、別の人には当てはらないこともあるからだ。

この違いが何に由来するかは定かではないが、人それぞれ違う才能を持っているからではないだろうか。自分の才能が発揮されやすい土俵と違う土俵で戦ったとしてもそれは勝つ確率はかなり下がる。

メジャーリーグで活躍しているイチローも野球という土俵で戦っているから超一流であるが、この土俵がサッカーになってしまったらさすがのイチローでも活躍することは難しいだろう。天才棋士の羽生善治さんも将棋という土俵であるから超一流なのであって、土俵が囲碁になれば活躍が難しいと思われる。余談になるが、羽生さんは将棋の腕を磨くために、海外でチェスの研究をされている。これはチェスの分野で挑戦しようとしているのではなく、チェスの戦術を将棋にも取り入れて新しい戦術として使えないかを考えるためにされている。

一般的な法則や上手く言った事例をその人自身が実践しながら、自分に合うようにアレンジしていかなければならない。その法則と現実のGAP(差異)を埋めるために、一役買うのが『コーチング』である。

『コーチング』で自分なりの成功法則にアレンジして勝ちパターンを見つけませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事