文章は読ませるためにある。

あなたは読んでいてよくわからないような文章を見たことはないだろうか。確かにそれも改善の余地はあるが、ここでいうよく分からない文章とは、意図的に分かりにくくしている文章のことだ。

公的な文章は固い表現を使われており、何回読んでも本当の意味が理解しにくいように難解な表現を使って意図的に書かれていることが多い。理解させようとするのではなく、自分たちの主張を押し通すためにあれこれ意見を理路整然と言っていることが多い。これと同じことをビジネスでやってしまうと、お客様が離れて行ってしまう。

売れる文章というのは、お客様の心を掴むのがうまく、内容が気になって次を読みたくなるような文章のことだ。

読まれない文章程、価値がないものはない。今や星の数ほどあるメルマガだが、それが開封されずにゴミ箱行きになるケースは珍しくない。受信トレイに入っていればまだいい方で、受信トレイにも入らず迷惑メールになっていることさえある。

読まれる文章を書きたいのであれば、自分が思わず開いてしまったメルマガのタイトルを取っておいて真似るだけでも効果はある。自分の身近にヒントはいくらでも転がっており、いかにそれに気付けるかどうかだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事