woman writing shot memories note on white paper with relaxing time and emotion

あなたはやりたいことリストを作ったことがありますか?

やりたいことリストを作成する前にすべきことがあります。

1.まずはやりたいことリストを書いてみる

やりたいことを10個書いてくださいと言われたら書けるでしょうか?

・お金持ちになりたい

・フェラーリに乗りたい

・海外に移住たい

・美味しいものを毎日食べたい

・ゴルフ三昧の暮らしをしたい

・キャバクラに通いたい

・・・

ぱっと思いつくものを挙げてみましたが、

その中にあなたが本当にやりたいことはあるでしょうか?

 

書いてみて気付くことでですが、

意外と自分が主体的にやりたいと思っていることではなく、

他人が知らず知らずのうちにあなたに影響を

及ぼしているということが少なくありません。

 

例えば、普段何気なく見ているCMや電車の宙づり広告、

最近であればSNS広告、他人の投稿・・・

 

それらの大量の情報の中から

自分がこれいいなと思ったものが

いつの間にか自分のやりたいことになってしまっているのです。

 

意外に自分のやりたいことは何かと言われると

正確に答えることは難しいのです。

 

なぜなぜと繰り返してみて自分が

本当にやりたいことかどうか聞いてみて下さい。

トヨタでは5回なぜを繰り返すと本質に辿り着くと言われますが、

可能な限り「自分はなぜそれをやりたいか」と繰り返し問うて見てください。

ちなみに、64回繰り返すとだいたいみな同じ「世界平和」に辿りつくようです。

2.やりたくないことリストを書いてみる

今度はやりたくないことを10個書き出してみてください。

・人の下で働きたくない

・人に指図されたくない

・暑い中歩き回りたくない

・・・・

 

こちらはやりたいことリストとは逆で、

自分が本当にやりたくないことが書かれているのではないでしょうか?

 

やりたくないことについては自分自身で把握しているものですが、

やりたいことについては把握していないことが多いのです。

 

居酒屋で会社や上司の悪口を言っているのを

よく見かけるのと同じで

悪いことを見つけることには才能は要りませんが、

良いことを見つけるためには日頃からしっかり観察したり、

考えておく必要があるのです。

 

やりたくないことリストに書かれている内容は

本当に自分がしたくないことですので、

それをやらなくても良い方法を考えます。

 

やりたいことリストに書かれている内容は

自分が本当にしたいことかどうか明確でないこともありますので、

常日頃からやりたいことは何かを考える習慣をつけておきます。

 

この2つのアプローチから自分が進むべき方向性を

見つけてみてはいかがですか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事