80:20の法則をどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

別名パレートの法則やばらつきの法則と言われますが、ビジネスにおいても非常によく使われます。

イタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートが発見した法則であり、

全体の数値の大部分は、その一部の要素が生み出しているという理論のことです。

1. 80:20の事例

80:20というのは割合であり、

上位2割が8割の成果をもたらしてくれるというもので、

ビジネスでいうと下記において良く使われています。

 

例えば、

・売上げの8割は、全体の2割の顧客で占めている。

・売上げの8割は、全体の2割の製品で占めている。

・勤務時間の2割でその日のアウトプットの8割を実現している。

です。

 

身近なところでいうと、詳細に調査したわけではありませんが、

下記のようなことが言えるのではないでしょうか。

・家の中にあるものの2割あれば、生活において8割は困らない。

言い換えると、家の中にある8割は不要品で占められています。

8割も不要品で占められているのだから、

捨てても問題になることはありません。

 

・受験勉強において頻出問題である上位2割が解ければ、

8割の点数が獲得でき、受験に合格することができる。

言い換えると、8割の問題をいかに捨てることができるかが、

合否を決めるポイントになります。

2.厳密に捉えることは時間のムダ

厳密に言えば、80:20ときれいに割り切れるものではないかもしれません。

 

ユダヤの法則に見られるように、78:22の法則というものがあります。

自然界においても、空気における窒素と酸素の比率が78:22であったり、

海と陸の比率が78:22であったり、身体の水分とその他の割合が78:22と、

割り切れないものが通常です。

 

しかし、厳密に学問を追求するのでなければ、

細かい数字までを捉えておく必要はなく、

80:20で十分事足ります。

 

日本の面積においても、正確には377,982km2ですが、

38万km2と覚えておけば、日常生活で困ることは起こりません。

 

物事は大きく捉えてから、必要に応じて細かく見ていくことが

物事のスピードを上げていくコツです。

最初からきちんと細かいことを突き詰めていくと、

途中で挫折するばかりか、時間の浪費に繋がり、

結局何もできず終わってしまうことも少なくありません。

 

3.スキルやノウハウコレクターにならない

スキルやノウハウというのは、集めれば集める程、

次の新しいスキルやノウハウを欲してしまいがちです。

 

しかし、この世界において、時間は有限であり、

人間はみな生まれた時から死に向かって進んでいます。

そうした限られた時間の中で、スキルやノウハウを勉強ばかりして、

結果に結びつかないとなると、これ以上悲しいことはないでしょう。

 

人間は終わりが見えない無限地獄に陥ってしまったら、

生きる意味さえを見失ってしまい、

何のために勉強しているか分からなくなってしまう時があります。

 

スキルやノウハウを教えることを仕事にしている人でない限り、

上位2割のスキルやノウハウがあれば

十分に仕事でも通用して、8割程度の成果は挙げられます。

だったら、よく使われる2割のスキルやノウハウを学んで、

実践して行こうよというお話です。

 

実践して成果を出すことが

最高の学びをお金に変える方法です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事