あなたは未来を描くための2つの方法を知っていますか?

1.未来を描く2つの方法

それは、現在から未来に対して描く方法と

ありたい未来を先に描いてから現在に戻るという方法です。

前者は現在に対してあなたが出来ること、やりたいことを

積み木のように積み上げて目指す目標(未来)まで辿り着く方法です。

時間軸は現在から未来に向かって流れており、今流れている時間と同じ方向です。

一方、後者はなりたい未来から今の現在を見ると
なりたい未来と現在とのGAP(ギャップ、差異)が明確になるので、
そのGAPを埋めるためにするべきことを書き出していきます。

ゼロベースで考えることもできるため、
ワクワクすることができてやる気が出てきます。

2.前者のやりかたの問題点

前者では、過去の経験から自分には何ができるかを考えがちになるので、

努力できそうな範囲内での行動に留まってしまう傾向にあります。

また、積み上げたは良いものの自分が目指すべき未来に対し、

50%しか達成しなかったり、

途中で違う方向へ行きがちつまり、

脱線してしまう可能性を秘めています。

一般企業で行われている改善活動もこの方式が多く、

立てた目標に対して未達に終わるケースが少なくありません。

後者の方式では、仮に決めた期限に目標を100%達成していないとしても

100%に近い達成率になっていることでしょう。

達成率50%で終わるのか、100%達成まで持っていくのか、

どちらを選ぶかはあなたが決めることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事