昨日と同じことを繰り返して、明日は違う結果を望まない。

1.『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』

上記の言葉は相対性理論で有名なアインシュタインが述べた言葉です。

あなたは知らず知らずのうちに、昨日と同じことを繰り返していませんか。

日常とは同じことが繰り返される日々になっていませんか。

 

望むべき未来の自分像があるのにも関わらず、

昨日と同じ行動を取っているのに、

違う未来を期待してはいませんか。

 

違う未来を期待するのであれば、

今の取るべき行動を変える必要があります。

 

ジャンクフードばかり食べていると太って生活習慣病になるのと同じで、

健康に過ごすためにはバランスの良い食生活を取っていく必要があります。

ここで、注意しておきたいのは、ジャンクフードを食べるなということではなく、

日々、健康に気を使った食事を取りながら、

偶に無性にジャンクフードが食べたくなったら食べても良いのです。

 

あなたがなりたい理想の身体像を描き切れていれば、

どちらの食事を取るべきかは自ずと判断できるはずです。

2.『人と違うことをする』

ビジネスの基本は、『人と違うことをする』ことです。

別の用語では、差別化や差異化と言った表現が使われますが、

人と同じことをしていては他人は判断に困ってしまいます。

 

上記では、自分との戦いでしたが、今度は他者との戦いになります。

そのためには、自分の意見をしっかりと持つことが大切です。

自分の意見をしっかり持っていないと、

いつも他人に振り回されっ放しの人生になってしまい、

他人の人生の上を歩くことになってしまいます。

 

そうしたことを変えていくための方法としては、

どんな小さいことでも良いので、自分の意見を持つことです。

 

例えば、みんなでお昼を食べに行くのに、

周りはイタリアンに行くけど、

自分は中華を食べたいといったケースです。

そうした場合、イタリアンに流されることは簡単ですが、

中華に行く方法はないかを考えてみます。

 

「私は昨日イタリアンを食べたから、今日は中華にする」と言ってみたり、

最初から食事に一緒に行かないということも選択肢に入ってきます。

みんなと一緒に行きたい時のみ一緒に食事をします。

この考えるプロセスこそがとても重要です。

 

結果的に、最初は付き合いが悪いなという印象を持つかもしれませんが、

それが慣れてくると、偶に一緒に行った時に、

来てくれてありがとうと逆に感謝されることがあります。

 

いかにこういう状況を自らが作り出せるかということが、

自分の時間を確保するためのコツです。

3.何かを始めるのに一番早いタイミングは『今』

何かを始めるのに一番早いタイミングは『今』この時です。

どこかで一度は聞いたことはあるのではないでしょうか。

語学勉強にしても、本当に必要に迫られた時は、

年齢は関係なく、必死でやればマスターすることができます。

結局やらないのはレバレッジが足りないからです。

 

中国語を3ヶ月でマスターできる人と

聞かれても手を挙げる人はほとんどいません。

逆に中国語を3ヶ月でマスターしたら1億円挙げると言われたらどうしますか?

ほとんどの人が手を挙げるのではないでしょうか。

 

この違いはもちろん『1億円』なのですが、

これこそが正にレバレッジです。

レバレッジとはてこの原理で、

小さい力で大きなものを動かす原動力となるものです。

 

人が変化を起こすために必要なものは『痛み』と『快』の2種類です。

別名、『Pain』と『Gain』です。

『1億円』はまさに『快』や『Gain』に相当するものであり、

自分が楽しいからやるとか、

未来に対して希望を持っているために行動します。

 

逆に『痛み』や『Pain』は、

会社で上司に怒られからやるとかいうもので、

未来の痛みを避けるために行動します。

 

『痛み』や『快』をクライアントに与え続け、

変化を起こさせるものがコーチングです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事